JR編~鹿島線~

鹿島線は、サッカーが好きな人なら一度は乗ったことがあるのではないでしょうか。鹿島線はJリーグ鹿島アントラーズのホームスタジアムである鹿島サッカースタジアムへ行く際に乗る電車です。鹿島線は高架線になっていて、風に弱く、すぐに停まってしまうことで知られていますが、その分景色が素晴らしい路線です。一段高い所から眺める風景は見応えがあります。

鹿島線について

鹿島線は香取市の香取駅から茨城県鹿嶋市の鹿島サッカースタジアム駅に至るローカル線です。成田線・佐原駅から銚子側の1駅先にある香取駅から分岐し、前川あやめ園や十二橋めぐりなどの水郷の観光地を持つ潮来駅、鹿島神宮や鹿島臨海工業地帯のある鹿嶋市の中心である鹿島神宮駅を経由し、鹿島サッカースタジアム駅を終点としています。ラインカラーは茶色です。日本鉄道建設公団によって建設され、開業は1970年と比較的新しい路線です。国家的な開発プロジェクトであった鹿島臨海工業地帯の開発・発展に寄与するため、現在の鹿島臨海鉄道の営業路線と共々に計画・建設され、香取駅~北鹿島駅(現在の鹿島サッカースタジアム駅)間が日本国有鉄道の「鹿島線」として開業しました。日本鉄道建設公団によって建設された路線であるため、全線のほとんどが高架路線となっているのが特徴です。成田線との分岐点を過ぎると、鹿島線内には踏切はひとつもありません。このことは接続先の大洗鹿島線でも水戸駅付近を除けば同様です。また、利根川・常陸利根川・北浦にかかる橋梁はいずれも長大で、特に北浦にかかる北浦橋梁は1236mもの長さがあり、これらの高架・橋梁で水域が多い水郷地帯を貫通しています。ただし、強風には弱く、速度制限や運転見合わせが行われることもあります。JRにおける実質的な旅客上の運用範囲は佐原駅~鹿島神宮駅間です。鹿島神宮駅~鹿島サッカースタジアム駅間はJRの区間ですが、旅客輸送は鹿島臨海鉄道大洗鹿島線の車両が担っています。よって鹿島線の同区間に大洗鹿島線が乗り入れる形態となりますが、特に多客が見込まれるときは、鹿島神宮以西より鹿島サッカースタジアムにかけてJRによる旅客輸送が行われる場合もあります。なお鹿島神宮駅~鹿島サッカースタジアム駅間はあくまでJRなので、「青春18きっぷ」など、企画切符もエリア内であれば使用可能です。利用者は地元の沿線住民がほとんどで、純然たるローカル輸送に留まっています。特急「あやめ」が東京まで運行されていますが、現在の本数は1日1往復に留まり、工業都市として発展が著しい鹿嶋市と東京間のアクセスは、東関東自動車道を経由する高速バス「かしま号」が圧倒的なシェアを持っています。

路線詳細

  • 管轄・・・東日本旅客鉄道・日本貨物鉄道
  • 路線距離・・・17.4㎞
  • 駅数・・・6駅(鹿島線所属駅に限定した場合、成田線所属の香取駅が除外され、5駅となる)
  • 軌間・・・1067㎜
  • 複線区間・・・なし(全線単線)
  • 電化区間・・・全線(直流1500V)
  • 閉塞方式・・・自動閉塞式
  • 最高速度・・・85㎞/h
  • 運転指令所・・・千葉総合指令室

鹿島線の運行

成田線からの分岐駅は香取駅ですが、運転系統上の分岐駅は佐原駅です。運行本数は1時間あたり1本程度で、千葉駅・成田駅・佐原駅からの普通列車が鹿島神宮駅まで運転されています。1日1本のみ横須賀線・総武快速線からの直通列車もあり、佐倉駅で成田空港行き列車から分割された付属編成の4両が使用されます。いずれも、終着は鹿島神宮駅です。優等列車としては、東京駅~鹿島神宮駅間に特急「あやめ」が1往復運転されていますが、佐倉駅~鹿島神宮駅間は普通列車となります。鹿島神宮駅~鹿島サッカースタジアム駅間は、車両の夜間滞泊のための回想列車以外JR車の運行はなく、鹿島臨海鉄道大洗鹿島線からの乗り入れ列車のみが運行されます。2002年FIFAワールドカップ開催時に東京方面から鹿島サッカースタジアム駅まで電車列車で直通運転する輸送計画が立てられたのですが、前年に発生した兵庫県明石市の明石花火大会歩道橋事故を教訓に、警備上の問題から見送られました。その後、2006年7月15日の2006JOMOオールスターサッカーに際して、初めてJR東日本の旅客車両が鹿島サッカースタジアム駅まで営業運行されました。2008年からは、鹿島アントラーズホームゲームで多客が見込める試合開催時に、成田駅と鹿島サッカースタジアム駅を結ぶ臨時列車が運行されています。

貨物列車

鹿島線では全線で貨物列車が運転されており、鹿島臨海鉄道鹿島臨港線の神栖方面へと引き継がれます。鹿島臨海鉄道鹿島臨港線内で荷役するコンテナ輸送や鹿島臨海工業地帯で製造・消費される化成品輸送が主な収入源となっています。化成品は従来タンク車で輸送されていたのですが、タンクコンテナ化が進んでいることからコキ100形とコキ200形積載に置き換えられています。新鶴見機関区所属のEF65形電気機関車が牽引していますが、2012年のダイヤ改正から1年間のみ愛知機関区所属のEF64形1000番台が牽引しています。かつてはDD51形ディーゼル機関車が牽引していました。1978年から1983年には、成田空港へジェット燃料を輸送する神栖から成田へのパイプラインが未完成であったことから、暫定措置としてタキ40000形貨車による輸送が行われていました。

鹿島線の魅力

鹿島線は高架が続いていて、水郷地帯を横切っているので、まるで水の上を走っているかのような気持ちになれます。どこまでも続く利根川や北浦の水面が風に揺れる様子はとても綺麗です。また、四季折々様々な景色が見られるのも魅力的で、春には鹿島城址の鹿島城山公園のつつじが咲き乱れ、夏には水田の緑、秋には山々の紅葉や金色に輝く稲穂、冬には雪景色と、どの季節にも美しい風景が待っています。私のお気に入りは高架が続く十二橋駅の付近です。豊かな水源とそれに育まれた自然の草木を見下ろす車窓は、心にしみわたります。また、北浦の長い長い橋梁もお勧めです。長い鉄橋と北浦の深いブルーがとても綺麗だったのを覚えています。天気のいい日には工業地帯まで見渡せるほどで、視界を遮るものが何もない北浦の上を走っている時は本当に気持ちがいいです。都会の喧騒を忘れて、大自然に身を任せられる鹿島線は、日ごろの疲れを癒すのに最適だと思います。